×

人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモンAI、住友生命のスミセイダイレクトサービスにAI-OCR 「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」を提供開始。給付金請求手続きのデジタル化を推進

国内の大手企業へ人工知能(以下、 「AI」)ソリューションを提供する株式会社シナモン(代表取締役社長CEO:平野未来 以下、シナモンAI)は住友生命保険相互会社(取締役 代表執行役社長 高田幸徳、以下住友生命)の給付金請求手続きの簡素化、および給付金支払事務の効率化を目的にAI-OCR「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」の提供を開始します。 

<事業背景>
住友生命は、給付金請求手続きのデジタル化を実施するなか、「人とデジタルの融合」による手続の簡素化・事務効率化を図っています。給付金請求に必要な診療明細書や領収証の記載内容を、シナモンAIが提供するAI-OCR「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」で読み取ることで、より利便性の高いサービスの提供を実現します。 

 

住友生命ホームページのお客さま専用ページや営業職員のタブレット端末を通じた給付金請求において、医療機関から発行される診療明細書の撮影・アップロードすることで、入院期間や手術名等をAI-OCRで読み取ります。読み取った情報お客さまのパソコンやスマートフォンに反映する機能を搭載し、請求情報入力にかかるお客さまのご負担を軽減します。 

 

また、書類での給付金請求においても、住友生命でスキャンした診療明細書や領収証をAI-OCRで読み取ることで、これまで人手のかかっていた入力事務の削減も図ります。これにより、給付金請求手続きの簡素化、支払事務効率化、給付金の着金早期化を推進します。 

 

<技術背景>
シナモンAIでは、非構造化データの認識・活用に関する継続的な技術開発を行っております。診療明細書は、医療機関ごとに異なるフォームや内容が記載されていますが、シナモンAIのAI-OCR「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」では、これら多様な診療明細書を読み取る技術を実現しております。また、直近では、帳票や文書からの情報抽出技術にクエスチョン・アンサリング・アプローチを適用し新しいネットワーク構造を考案することで、従来の手法と比較し、精度向上と2~5倍の処理速度向上を実現しています。これらの実績は国際会議でも高く評価をされており、ICDAR2021(International Conference on Document Analysis and Recognition、文書解析と認識に関する国際会議)にてBest Paper Awardを受賞いたしました(*)。

 

*IDCAR2021 Best Paper Award を受賞した論文(英文)はこちらでご覧いただけます。
https://arxiv.org/pdf/2106.00952.pdf

 

【住友生命保険相互会社 会社概要】
社 名:住友生命保険相互会社
URL:https://www.sumitomolife.co.jp/
所在地:
本社 大阪府大阪市中央区城見1-4-35
東京本社 東京都中央区築地7-18-24
設 立:1907年5月
代表者:取締役 代表執行役社長 高田幸徳

 

【株式会社シナモン 会社概要】
社 名:株式会社シナモン
URL:https://cinnamon.is/
所在地:東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル6階
設 立:2016年10月
代表者:代表取締役社長CEO 平野未来

 

採用ページ(募集職種および応募方法はこちらをご参照ください):
http://cinnamon.is/recruiting/ 

 

■事業内容:人工知能コンサルティング事業、人工知能プロダクト事業
シナモンAIは、「創造あふれる世界を、AIと共に」をミッションとし、高度なビジネスAIソリューションの開発に取り組んでおり、多数の国内大手企業への提供実績を有しています。また、人工知能研究所をベトナム(ハノイ・ホーチミン)および台湾に構え、大量のAI技術者の獲得に成功しています。直近では、AI OCR「Flax Scanner」に加えて、特化型音声認識技術「Rossa Voice(ロッサ・ボイス)」の商用化も始まり、大手企業を中心に販売を開始しております。また、シナモンAIでは、”Digitize(デジタル化)” “Structure(構造化)” “Understand(理解・活用)” という3つの独自の研究領域に基づき、高度なAIアルゴリズムを数多く保有し、業界特有の非構造化データを活用するビジネスAIソリューションの開発を継続的に行っております。

 

■AI-OCRエンジン「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」の概要
日常で使われているビジネス文書はほとんどが非構造的であるため、業務システムに取り込むために人の力が必要となっており、ホワイトカラーの業務に多くの無駄が発生しています。シナモンでは、人工知能文書読み取りエンジンを活用し、ホワイトカラーの業務を抜本的に改革いたします。対象となる文書は、PDF、Wordファイル、印字・手書きなどの紙文書など様々な文書に対応が可能です。現在は、金融・保険業界をはじめとした、多数の大手企業様へエンジン提供をしております。