国内大手企業アルプスアルパインへAI-OCR「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」を提供開始

国内でも有数の大企業向け人工知能(以下、 「AI」)ソリューションを提供する株式会社シナモン(代表取締役社長CEO:平野未来 以下、シナモンAI)は、電子部品と車載情報機器の国内大手企業アルプスアルパイン株式会社(代表取締役 社長執行役員 CEO:栗山 年弘、以下、アルプスアルパイン)に、様々な業務文書のデジタル化及び業務効率化の実現に向けて、AI-OCR「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」の提供を開始いたしました。

アルプスアルパインは、電子部品事業と車載情報機器事業を中核に、エレクトロニクスとコミュニケーションで人々の生活に貢献し続け、持続的な『価値創造型企業集団』を目指しています。アルプスアルパインでは、それらの電子部品と車載情報機器の開発、製造、販売、管理の工程の中で、様々な文書を大量に作成、処理を行っています。取り扱う文書は、様々な目的や異なる形式で作成されており、それらの文書の管理、参照に多くの人手がかかっておりました。これらの文書には、紙文書からスキャンされたイメージデータや、メーカーならではの設計図面なども含まれており、文書のフォーマットが固定されていないことや、詳細多岐に渡る内容により、文書の管理や検索が難しく、業務効率化を図る上での課題となっていました。

 

シナモンが提供するAI-OCR「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」は、これまでの従来型のOCRでは対応できなかったフォーマットが固定されていない書類でも高精度で読み取ることを実現しています。また、単なるAI-OCRにとどまらず、表の読取、検索機能、差分のチェックの機能を提供することで、後続業務との接続を実現し、様々な文書に関わる業務の包括的な効率化を推進いたします。

 

今後、アルプスアルパインとシナモンでは、AI-OCR「Flax Scanner(フラックス・スキャナー)」の適用を推進していくことで、業務効率化の効果を最大化していきます。

 

■Flax ScannerのAI-OCR導入イメージ

 

■今後の展望

シナモンは、「ホワイトカラーの生産性向上」をテーマに、AIプラットフォームとしてのさらなる基盤を築き、業務改善を推進する様々なプロダクトの開発に取り組みます。具体的には、AI-OCRを活用した「Flax  Scanner」に続く、業務特化型のソリューションの製品ラインアップを拡充してまいります。

 

 

【株式会社アルプスアルパイン会社概要】

社名:アルプスアルパイン株式会社

URL:https://www.alpsalpine.com/j/

所在地:東京都大田区雪谷大塚町1-7

設立:1948年11月

代表者:代表取締役 社長執行役員 CEO 栗山年弘

 

【株式会社シナモン 会社概要】

社 名:株式会社シナモン

URL:http://www.cinnamon.is

所在地:東京都港区虎ノ門3-19-13 スピリットビル6階

設 立:2016年10月

代表者:代表取締役社長CEO 平野未来