ダブルハーベスト

お買い求めは書店各社、アマゾン、および他インターネット通販サービスへお問い合わせください。
アマゾンの書籍ページへのリンクはこちら

「技術」から「戦略デザイン」へ

各業界のトップランナーたちが大絶賛!!
●冨山和彦氏(経営共創基盤グループ会長)
「『狩猟型』から『収穫型』へ。日本企業のDXに欠かせない発想転換の書」
●安宅和人氏(慶應義塾大学SFC教授・ヤフーCSO)
「AI×データの第2フェーズ──そこを駆け抜ける道筋がここにある」
●新浪剛史氏(サントリーホールディングス 代表取締役社長)
「AIは 『 戦略デザイン 』 の時代へ。『 真のDX』への必読書」
●夏野剛氏(ドワンゴ 代表取締役社長 / 慶應義塾大学 特別招聘教授)
「業務の中に生態系のようにAIを埋め込んでいくことが大切。本書はその本質を捉えている。」

テクノロジーの進化が急速に進む時代において、「仕事の一部を自動化してコストを削減する」といった施策では企業の本質的な競争力向上には寄与しません。

AIがコモディティ化し、ゲームの焦点が「技術」ではなくなったいま、求められているのはAI活用の「戦略デザイン」です。

  • AIを取り入れることで、御社の持続的な競争優位性を高められるか?
  • AI実装によって何重にも利益を生み出すループを描けているか?
  • 御社のAI活用は勝ち続ける仕組みをデザインできているか?

このような課題に明快な指針を出し、日本企業を「AI-Ready」な状態に推し進めていくために、「ダブルハーベスト」という書籍にまとめ、発表するに至りました。

勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザイン

今回、シナモンAI 執行役員フューチャリストの堀田と、アフターデジタル著書 IT批評家の尾原和啓氏の共著で、「ダブルハーベスト 勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザイン」を出版いたします。

「AIのビジネス実装」の最前線を熟知する2人が明かす圧倒的な競争優位を築くDX時代の戦略フレームワーク!何もしなくても、企業が勝ち続ける仕組み“ダブルハーベストループ”の秘密とは?”
かつて「人間の仕事を奪う」などと語られたAI(人工知能)は、ビジネスの世界でまったく新たなフェーズを迎えている。

DX時代の最前線をひた走る企業たちは、「いかにしてAIをビジネス現場に活用し、その実りを収穫(ハーベスト)するか」に知恵を傾けている。

大企業から中小・ベンチャーまで──
「結局、うちの仕事でAIって使えるの?」と思ったらまず読む本の決定版!!

本書の構成
【Prologue】勝敗を分ける「何重にも稼ぐ仕組み」──ハーベストループとは何か?
【Chapter 1】AIと人とのコラボレーション──ヒューマン・イン・ザ・ループ
【Chapter 2】AIで何を実現するかを見極める──戦略デザイン構築のための基盤づくり
【Chapter 3】戦略基盤を競争優位に変換する──戦略デザインとしてのAI
【Chapter 4】データを収穫するループをつくる──ハーベストループでAIを育てる
【Chapter 5】多重ループを回して圧勝する──ダブルハーベストこそ最強の戦略
【Chapter 6】ハーベストストーリーを実装する──AIプロジェクトマネジメントの考え方
【Epilogue】地球をやさしく包む「最後のループ」──SDGsとハーベストループ

★DX時代の競争優位を築く最強のフレームワーク★
【「特別PDF」ダウンロード付!!】

書籍名 : ダブルハーベスト 勝ち続ける仕組みをつくるAI時代の戦略デザイン
出版社 : ダイヤモンド社
発売日 : 2021/4/14
単行本(ソフトカバー) : 248ページ

お買い求めは書店各社、アマゾン、および他インターネット通販サービスへお問い合わせください。
アマゾンの書籍ページへのリンクはこちら

出版社より
ダブルハーベスト


ダブルハーベスト出版記念イベントも多数開催!

ダブルハーベストの出版を記念して、多数のイベント、ウェビナー、対談を開催いたします。イベントは随時更新していきます。

詳細についてはこちらからご確認、お申込みいただけます!ぜひご参加ください!!

https://cinnamon.is/ideas/2021/04/05/double-harvest-events/