社外取締役就任のお知らせ

2019年6月28日付けで、リンクタイズ株式会社 代表取締役会長兼Forbes JAPAN編集長・D4V(Design for Ventures) Founder兼CEO 髙野真氏、ソニーコンピュータサイエンス研究所 代表取締役社長・ソニー株式会社 執行役員 北野宏明氏が新たに弊社社外取締役に就任したことをお知らせいたします。

 

今回の社外役員就任により、コーポレート・ガバナンスの強化を図るとともに、既存サービスのさらなる拡充と新たなサービスの展開に精進してまいります。

 

【新任役員 プロフィール】

 

髙野真氏

 

1987年大和証券入社後、大和総研へ出向し一貫して調査畑を歩む。1991年より米国にてノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏とともに資産運用モデルの開発に従事。1997年にゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントへ移り、投資顧問部門マーケティングヘッド、執行役員企画調査室長を経て2001年にピムコジャパンリミテッド入社。取締役社長を約13年務める。2014年に金融から出版に転じ、株式会社アトミックスメディア(現リンクタイズ株式会社)代表取締役CEO兼Forbes JAPAN編集長に就任し、2019年よりリンクタイズ株式会社代表取締役会長兼Forbes JAPAN編集長。2016年よりD4V (Design for Ventures, IDEOとの合弁VC)のFounder兼CEOを兼務。その他、GHV Accelerator、エンデバー・ジャパン、日本ベンチャーキャピタル協会、学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン、アジア・パシフィック・イニシアティブ、ヒューマン・ライツ・ウォッチでもボードメンバーとして携わる。日本経済新聞の連載に寄稿するなど、資本市場全般に関する論文・著書多数。1992年度証券アナリストジャーナル賞受賞。早稲田大学理学学士号、工学修士号、同大大学院理工学研究科博士前期課程修了。

 

北野宏明氏

 

1984年国際基督教大学教養学部理学科(物理学専攻)卒業後、日本電気(株)に入社、ソフトウエア生産技術研究所勤務。1988年より米カーネギー・メロン大学客員研究員。1991年京都大学博士号(工学)取得。1993年ソニーコンピュータサイエンス研究所入社。1996年同シニアリサーチャー、2002年同取締役副所長、2008年同取締役所長、2011年同代表取締役社長。2016年、ソニー株式会社 執行役員コーポレートエグゼクティブ、2018年同執行役員。1998年10月~2003年9月、科学技術振興事業団ERATO北野共生システムプロジェクト総括責任者兼務。2003年10月~2008年9月、同プロジェクトの発展継続プロジェクト、独立行政法人 科学技術振興機構 北野共生システムプロジェクト (ERATO-SORST)
の研究代表者。2001年4月、特定非営利活動法人システム・バイオロジー研究機構を設立、会長を務める。学校法人沖縄科学技術大学院大学学園教授、ロボカップ国際委員会ファウンディング・トラスティ等を兼務。理化学研究所 統合生命医科学研究センター 疾患システムモデリング研究グループ グループディレクター、東京大学客員教授、慶應義塾大学客員教授等を歴任。Computers and Thought Award (1993), Prix Ars Electronica (2000), JCDデザイン賞(社団法人日本商環境設計家協会)(1996), 日本文化デザイン賞(日本文化デザインフォーラム)(2001),  ネイチャーメンター賞中堅キャリア賞(2009)受賞。ベネツィア・建築ビエンナーレ、ニューヨーク近代美術館(MoMA)等で招待展示を行う。